Fandom


レギオン日本映画ガメラ2 レギオン襲来』に登場する怪獣隕石と共に飛来した宇宙生物。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

炭素化合物有機物)で形成された地球上の生物とは異なり、珪素化合物から成り立った節足動物型の生命体で、未知の絶縁体でできた甲殻は、各種の電磁波を反射する。

「レギオン」とは、新約聖書マルコによる福音書5章9節:

主が、「名は何か」とお尋ねになると、それは答えた。「わが名はレギオン。我々は、大勢であるがゆえに」

に現れる言葉。ローマ軍団のレギオンから転じているが、ここでは男に取り付いた悪霊が自らのことを指して呼んでいる。ガメラを襲ったソルジャーレギオンの群れを見た自衛隊員により、「大勢」の意味から名づけられた。

ガメラ3 邪神覚醒』にも、過去の映像を流用して登場している。

スーツアクターは巨大レギオン:吉田瑞穂田村浩一佐々木俊宜 。群体レギオン:秋山智彦小林勇治渡部佳幸中田晶宏

デザインとしては『宇宙大怪獣ギララ』のイメージが投影されている。また金子監督は造形処理ディテールのイメージとして、オーラバトラーサーバイン(の品田冬樹がB-CLUBで造形したフィギュア)を指定している。巨大レギオンの着ぐるみ造形も品田が行った。マザーレギオンのデザインモチーフはヘラクレスオオカブトバッタカニなどといった節足動物

レギオンと連になるかたちで存在する巨大な草体は、監督がマンモスフラワーを登場させようと考えていた『ウルトラQ』の映画化企画が中止されたことに対するリベンジとされる。

生態 編集

高さ100メートルに及ぶ「草体」と名付けられた巨大な植物状の「レギオンプラント」と、全長160メートルに達する「マザーレギオン」の共生関係を中心に、体長1 - 2メートルの小型個体「ソルジャーレギオン」によるアリハチのような真社会性の群れを形成する。

電磁波を知覚し、個体同士の交信に用いており、特定の波長の電磁波に対しては、群れの会話を阻害するものとして攻撃を行う。劇中でレギオンが大都市を標的にしたのは、電磁波を発するものが多い土地を攻撃し占領するための行動だと推測されていた。

人間が携帯電話などの電磁波源を所持している場合、コミュニケーションを邪魔する敵と認識し襲い掛かるほか、自らの通信サイクルと同じ周波数を放つパチンコ店のネオン看板に衝突して死亡する個体もいた。

草体のエネルギー源は不明だが、マザーおよびソルジャーレギオンは土やガラス製品からシリコンを摂取する。劇中ではソルジャーレギオンの死骸が解剖調査にかけられており、筋肉に相当する器官が存在せず、体内に詰まった高圧酸素の圧力で関節を動かしているものと推測されていた。

繁殖サイクル 編集

宇宙空間を漂流している草体の「種」は、地球のような惑星に落下すると根を張り、周囲の酸素濃度を高めていく。これと共に孵化したマザーレギオンは、胸部の「エッグシェル」と呼ばれる器官から無数のソルジャーレギオンを生み、短時間で大繁殖する。群れとして増殖の極限に達したマザーレギオンは新たなマザーレギオンの「卵」を草体に植え付け、高まった酸素を爆発させることで草体の「種」と新たなマザーの「卵」を宇宙に打ち上げる。

本編での繁殖活動 編集

最初の「種」は北海道札幌市近郊に落下し、ソルジャーレギオンによって地下へ運ばれ、すすきの駅付近で発芽した。草体はロビンソン百貨店札幌店(店側からの要望で名称は変更されている)を突き破って巨大な花状構造を展開し、地下鉄の乗客やそれを救助に向かった機動隊員らがソルジャーレギオンの犠牲となった。ソルジャーレギオンと自衛隊が一進一退の攻防を続けるなか、ガメラが飛来。草体を破壊して起爆と発射を阻止したが、無数のソルジャーレギオンにまとわりつかれたガメラは行動不能に陥り、その間にマザーレギオンは空へ逃れた。

一方、宮城県沖に落下した「種」も仙台市仙台駅付近で発芽した。札幌と比べて温暖な気候であったことで急速に成長した。ガメラは霞目飛行場でマザーレギオンと戦った後、仙台駅前の草体を破壊に向かい、「種」の打ち上げは阻止したものの、草体を破壊する前に爆発が起きてしまい、仙台が壊滅した。ガメラ自身も全身が炭化し、死亡したかに見えた。

ガメラが行動不能となる中、マザーレギオンは東京目指して地底を南下し始めた。群馬県で防衛線を張る自衛隊と交戦、さらに復活したガメラと対峙する。最初は双方を圧倒したものの、自衛隊がガメラを支援する作戦を取ったために苦戦し始める。最後は、ソルジャーレギオンは発信所のアンテナに群がっているところを自衛隊の対戦車ヘリ部隊による攻撃で殲滅され、マザーレギオンは栃木県利根川の最終防衛ラインにおいて、ガメラのウルティメイトプラズマを受けて粉砕された。

地球での繁殖、さらに別の星への種子発射は、両方とも失敗に終わった。

ガメラ3との関連 編集

レギオン自体は地球外生命体であり、地球への飛来も偶然によるものだと思われていた。しかし、次回作ガメラ3では、地球、特に日本でのマナの消耗が、このレギオンの飛来と何らかの形で影響していた可能性が指摘されている。また、レギオン飛来と、ガメラのマナを消耗しての攻撃が、ガメラ3におけるギャオス大量発生とイリスの出現の原因となったとされる。

データ 編集

マザーレギオン 編集

  • 全高:140メートル(最大成長時)
  • 全長:160メートル
  • 体重:600トン(最大成長時)
  • 飛行速度:マッハ1(亜生体時)
  • 地中進行速度:時速50キロメートル
  • 出身地:不明(外宇宙のどこか)
  • 好物:珪素(シリコン)
  • 主要器官
    • :あらゆる波長の電磁波を視覚として認識できる。普段は青色だが、興奮すると赤く発光する。
    • :左右に開く大きな角状の器官でマイクロ波を集束して打ち出す。中心にある部分からはレギオン・ビュートを複数本発生させられる。ガメラが掴んだ際、手から煙が上がったことから、高温であると推測される。
    • エッグチャンバー(卵巣):腹部にあるオレンジ色に発光する器官。一時間で百匹単位のソルジャーレギオンを生み出す。最終決戦で、ガメラのエルボークローによって破壊される。
    • 大槌腕:殴る、突くなど自在に動く。地中潜行時には掘削機の役割も兼ねる。
    • 後脚:後部についた鎌のような2本の脚。自在に動き可動範囲が広く、体正面に突き出したり、地中に潜った状態から地上の敵を攻撃することも出来る。パワーも強く、飛来したガメラを叩き落したり、ガメラの甲羅の端部を大きく削り取るほどの威力を見せる。
    • 甲羅:硬質シリコン樹脂によく似た絶縁物質でコートされ、あらゆる攻撃を弾き返す。
    • 干渉波クロー:頭部の周りにパラボラ状に配置されており、各種の電磁波を放射することができる。珪素質の体が災いして、自衛隊が所持する実弾兵器などに対しては脆い。ガメラのプラズマ火球であっても中和して無効化することができる。ミサイルなどの誘導を妨害することもできるが、完全に回避することは出来ず、破壊された。欠損のある状態では放射する電磁波も弱まるらしく、プラズマ火球を無効化しきれなくなった。
  • 主な技
    • マイクロ波シェル:頭部の大角=口部分が左右に開いた状態で、体の最上部にある大きな角と分かれた角の3本の間でマイクロ波を収束し、打ち出す技。青く発光する光線で、命中した物質・生物は一瞬で高温に加熱され、蒸発する。
    • レギオン・ビュート(マイクロ波ビュート):大角を引きちぎられた頭部の中心の口部分から飛び出す赤く発光する触手。非常に細いが自在に動き、また高熱で威力も高い。ガメラの体をやすやすと貫く。

劇中では「マザーレギオン」の名称は登場せず、「巨大レギオン」と称されている。

ソルジャーレギオン 編集

マザーレギオンによって生み出される兵隊。体組織は半導体電子顕微鏡写真に酷似している。また、関節の動作には筋肉ではなくガスを使う。大きさ2メートルほど。

胴体中央に大きな一つの眼を持ち、その両端に小さい眼が二つずつ、計五つの眼を持つ。マザーレギオン同様、あらゆる電磁波を視覚として認識可能。マザーレギオンのように光線状のマイクロ波を撃つ事は出来ないが、ミツバチの蜂球のようにガメラに集団で群がりスタンガンのような放電で攻撃を行った。足利における戦闘では、羽根のある飛行形態でガメラ攻撃に向かったが、電磁波に反応する性質を逆手に取ったNTT北海道職員、帯津の機転で通信施設におびき寄せられ、アンテナに群がったところを自衛隊対戦車ヘリコプターAH-1Sのロケット弾攻撃によって一掃された。 また、名崎送信所内に侵入した一個体は渡良瀬と交戦したが、9mm拳銃の連射を受けて死亡した。

草体活動時には活動しない特徴があり、その死骸が発見された場所にはほぼ確実に草体が繁殖している。

劇中においては「小型レギオン」などと称されている。

草体(レギオンプラント) 編集

レギオンが繁殖に使う共生生物。高濃度の酸素を生成し、大爆発を起こすことにより宇宙へと種子を打ち上げる。レギオンと草体は、互いの繁殖に欠かすことの出来ない存在となっている。

札幌すすきの)と仙台に出現。札幌ではガメラの火球により炎上し、未然に発射は阻止されたが、仙台では霞目飛行場におけるマザーレギオンの妨害により、爆発前の阻止に失敗。ガメラが直前に草体を引きずり倒し、種子を受け止めることで宇宙への発射は防がれたものの、種子の直撃と爆発によってガメラは瀕死に追い込まれ、仙台は壊滅に追い込まれた。暖かい場所では成長が早くなる傾向があり、仙台では、短時間で種子発射段階まで変化している。活性化すると、夜間であれば花の上に緑色のオーロラが確認される。

帯津による計算では、打ち上げ時の酸素爆発で、札幌市中心部6キロ四方の範囲は間違いなく壊滅するという結果が出ている。

関連項目 編集

星野之宣によるSF漫画作品。作中の一編『第19夜:緑の星のオデッセイ』に登場する植物生命系が化学ロケット方式で発射し、レーザー推進方式で外宇宙に向けて航行させる耐久種子が、本作のレギオンが草体とともに宇宙より飛来する「種」の原イメージとして引用された。
市街地に咲く巨大な花の元ネタ(というかオマージュ元)である。
ハキリアリの生態がレギオンの生態の設定の元になっている。
zh:雷吉翁
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。