Fandom


宇宙怪獣ガメラ』(うちゅうかいじゅうガメラ)は、大映が製作し、テンプレート:和暦3月20日に公開された日本の特撮映画。カラー、109分、ビスタビジョン。

同時上映は『鉄腕アトム地球防衛隊』。

概要 編集

1971年の『ガメラ対深海怪獣ジグラ』以来、徳間グループ資本下となった大映によって9年ぶりに製作されたガメラシリーズの映画。事実上、昭和ガメラシリーズ最終作となっている。マッハ文朱の映画初主演作品。

作劇自体は「完全新作」ではなく、歴代ガメラシリーズの特撮シーンに新作映像を加えて再編集したものである[1]。また過去作品の未合成フィルムを使用したため、光線などの光学合成を新たにやりなおしており、また少ないながら特撮の新撮シーンもあり[2]、「過去の作品のフィルムを使用した新作映画」という方がより正確である。

また、宇宙船ザノン号のデザインなどに、当時流行していた『スター・ウォーズ』など宇宙を舞台にしたSF作品の影響が見受けられる。なお合成シーンには、『宇宙からのメッセージ』(1978年、深作欣二監督、東映)で本格導入されたビデオ合成システム「東通ecgシステム」が使われた。

劇中に、『週刊少年ジャンプ』の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主人公、両津勘吉(に似た亀有公園前派出所の警官)が登場する。作品中でもアナウンサー役で登場する斉藤安弘アナウンサーは、公開当時、「あだ名がアンコウなので、出演依頼が来たときは、てっきりアンコウの怪獣役でもさせられるのかと思いました」とコメントしていた。

ストーリー 編集

宇宙海賊船ザノン号は地球侵略を開始する。それに敵対するキララ達3人の異星人(スーパーガール)は超能力を使うとザノン号に狙撃されるため、表立って活動が出来ないでいた。

宇宙海賊による侵略の使者としてギャオスが出現した折に、キララ達は圭一少年と出会い、「ガメラ」という正義の怪獣の存在を知る。直後にガメラは新宿にその雄姿を現し、ギャオスを倒すために飛び去った。

「スーパーガール」はガメラを支援し、宇宙海賊の送り込む怪獣群を迎え撃つ。

ガメラ編集

昭和ガメラシリーズを支えたエキス・プロダクションによってぬいぐるみが制作された。前作までと違い、首が鎌首をもたげたような形状になっている。また公開に合わせ、同じスタッフによってアトラクション用のぬいぐるみも制作され、各種宣伝イベントで使われた。

ジェット噴射での3尺飛行モデルは、予算不足のため、顎を開閉させるリモコン装置を取り付ける余裕もなかった。なんとかやりくりして装置を取り付けたものの、リモコン機能はなく、口を常時開閉し続けるものとなっている。

劇中の圭一少年の夢の中で、この飛行用のガメラのミニチュアが、当時人気を博していたアニメ作品である『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』と一緒に宇宙を飛ぶシーンがある。背景に「ヤマト」及び「999」のアニメフィルムを使い、実写の飛行ミニチュアが合成された。

キャスト 編集

スタッフ 編集

主題歌編集

関連項目編集

劇場公開に合わせ、湯浅監督の特撮演出風景などをルポ。スタジオには湯浅監督とガメラが招かれた。

映像ソフト化編集

  • ビデオ
1991年発売。
  • レーザーディスク
1995年発売。
  • DVD
2001年10月11日発売の「ガメラTHE BOX(1969-1980)」に収録されており、単品版は2007年10月26日発売。2006年8月31日発売の「ガメラ 生誕40周年記念Z計画 DVD-BOX」に収録されている。
  • ブルーレイ
2009年7月24日発売の「昭和ガメラ ブルーレイBOXII」に収録されており、単品版も同時発売。

脚注編集

  1. 一作目『大怪獣ガメラ』のガメラ登場シーンは、劇中ではテレビの報道映像として使用されている
  2. 新宿の高層ビル群に姿を現すガメラや、暴れるガメラの足下で『さらばドジラ』という東宝の『ゴジラ』(当時シリーズ制作休止中だった)を意識した謎の看板が横転するシーンなど

参考文献編集

  • 『ガメラクロニクル』(ソニーマガジン)

テンプレート:Movie-stubfr:Gamerak it:Uchu kaijû Gamera nl:Gamera: Super Monster zh:宇宙怪獸卡美拉

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。